Unknown Nationality II

Top

瀬戸内国際芸術祭と島根 2013 : 4. 男木島 @ 香川

M@RCOです。

10月11日から10月15日まで瀬戸内国際芸術祭と島根へ行ってきました。
瀬戸内国際芸術祭と島根 2013 として報告します。

12日の昼過ぎに豊島から男木島へ。
男木島は豊島の南にあります。フェリーで約35分です。
a0240721_643836.jpg




♪♪♪ クリックで写真拡大 ♪♪♪


a0240721_6462753.jpgフェリーで男木島に到着したのが13時45分でした。
まだお昼ご飯を食べておらず、お腹が空きました。
12日は島々を移動するのでバックパックを背負ったままの移動。
とりあえず重い荷物を預けることにしました。
港からすぐのところに預かり所があり、中におばあちゃんが4人、全員が同じ動きをしていました。
荷物を預け、目にとまったのが名物男木島カレー。
しかも1日限定40食。美味しかったです。
手作り感があり、魚介の旨みが出ていました。
付け合せのピーナッツを甘く煮たのが良い!
ごちそうさまでした。


男木島の魂/ジャウメ・プレンサ
港のそばにある建物で中は案内所、フェリー券売り場になっていました。
屋根に注目。日本語、アラビア語、中国語、ヘブライ語などさまざまな文字が組み合わさってできています。
地面に映る影も楽しい。
a0240721_652226.jpga0240721_6521536.jpg
a0240721_6522626.jpga0240721_656743.jpg


あたりまえと当たり前と/矢野恵利子
a0240721_6575956.jpg男木島の自然や生活空間、路地などの風景を切り絵風に表現したそうです。
休憩所になっています。


男気プロジェクト/TEAM 男気
漁師たちの心意気を視覚化するプロジェクト。
何気なく停泊している漁船に「男木の男気」をイメージしたペイントが施されていました。
a0240721_710977.jpga0240721_7101938.jpg


時の廊下/西堀隆史
香川県の伝統工芸品である和傘約600本で立体作品を構築しています。
傘の骨だけで、2回はモーターが付いており傘が回転していました。
照明もあり、傘の動きと合わせて動く影にも注目です。
a0240721_7145682.jpg
a0240721_7194210.jpga0240721_7152168.jpg
a0240721_7153925.jpga0240721_7154977.jpg
a0240721_716274.jpga0240721_716117.jpg


男木島路地壁画プロジェクト wallalley/眞壁陸二
路地裏を歩いているとありました。
島で集めた廃材に風景のシルエットをカラフルに描いています。
a0240721_7223243.jpga0240721_7224115.jpg


オンバ・ファクトリー
カタカナで書かれていると何だろう?と思いましたが、乳母車でした。
坂道や細い路地が多い男木島では乳母車が必需品だそうです。
カフェも併設されていて、ここからの眺めは良かったです。
a0240721_7251264.jpga0240721_7252434.jpg
a0240721_7253479.jpga0240721_7254638.jpg


光の家/アーサー・ファン
男木島の象徴である灯台の上に縮小した男木島が乗っていました。
a0240721_728383.jpga0240721_7284712.jpg


駆け足で男木島を巡りました。
予定より1時間早いフェリーに乗ることができ、隣の女木島へ行きます。
フェリーに乗る前に「たこ天」を買いました。
たこ天と聞くと、タコが入ったさつま揚げのような練物を想像していたんですが、タコの足の天ぷらでした。
冷めて硬い。。。そんなタコ天を食べていたら女木島に着きました。
次回は女木島です。
a0240721_733276.jpga0240721_7333890.jpg






[PR]
by marco54312 | 2013-10-12 14:00 | Travel