Unknown Nationality II

Top

瀬戸内国際芸術祭と島根 2013 : 8. 出雲 @ 島根

こんばんは。
M@RCOです。

10月11日から10月15日まで瀬戸内国際芸術祭と島根へ行ってきました。
瀬戸内国際芸術祭と島根 2013 として報告します。

出雲大社を中心に報告します。
a0240721_22443296.jpg




♪♪♪ クリックで写真拡大 ♪♪♪


出雲市駅に到着です。
出雲大社へは一畑電車に乗って出雲大社前へ。
a0240721_2246349.jpga0240721_22461578.jpg
当初の計画より1時間ほど早く出雲市駅に着いたので、出雲大社前行きの特急「しまねっこ号」に乗ることができました。
特急と言っても普通乗車券で乗れます。遷宮の年なので車体もラッピングされています。
内装もピンクでシートには島根県のゆるキャラ「しまねっこ」が座っていました。
このしまねっこ号には女性車掌がいて短い乗車時間ですがガイドしていました。
縁結びの出雲大社なので乗客の6割くらいは若い女性。多いです。
a0240721_232205.jpg
a0240721_23221453.jpga0240721_23222757.jpg
a0240721_232336.jpga0240721_23231576.jpg
出雲大社前駅に到着。駅前の神門通りを歩いてホテルへ。
行った日が出雲駅伝の日で交通規制されていました。
a0240721_232356100.jpg
a0240721_2325254.jpg予約したホテルに荷物を預け観光に出ました。
午後2時を過ぎており、お腹が空いたので名物出雲そばを食べることに。
遷宮の年、3連休、出雲駅伝が重なりものすごい人。そば屋も長蛇の列。
出雲大社からちょっと離れた場所にある評価の良い店に行ってみるも営業終了していました。
そばがなくなってその日の営業を終了した店も多く見られました。
あまり時間を掛けるのももったいないので、比較的すいている店で出雲そばです。
割子そばを注文。3段になっているのが特徴です。他にも釜揚げそばもあります。
そばを食べた後は出雲大社を参拝です。

出雲大社 【WEB
出雲大社です。正式には「いずもおおやしろ」。一般的に「いずもたいしゃ」と呼ばれています。
ご存知の通り出雲大社にとって今年は大切な年です。
60年に一度の遷宮が行われる年で、「平成の大遷宮」と題して様々な行事が行われています。
5年間にわたる御本殿修造が終わり、5月10日に「本殿遷座祭」が執り行われました。
パワースポット、縁結びとしてものすごい人気の観光地です。
今年の正月に同じく遷宮の伊勢神宮を参拝したので、出雲大社へも行きたいと思っていました。
勢溜の大鳥居です。二の鳥居で木製です。
一の鳥居は神門通りをまっすぐ行った先にある大きな鳥居です。のちほど。
a0240721_23263155.jpg
勢溜の大鳥居をくぐり、右手に「祓社」という小さい社があります。
ここには四柱の神様がいて、穢れを祓ってくれます。忘れないようにしましょう。
出雲大社の参道は下り坂です。下り坂の参道は珍しいようです。
a0240721_23332794.jpg
鉄製の三の鳥居です。
参道の両脇に松の木が生えています。保護の観点から中央を通ることはできません。
a0240721_23341013.jpga0240721_23342253.jpg
銅鳥居の手前、右手に出雲大社に祭られている大国主大神の像があります。
七福神の一人の大黒様です。
大国主大神が天照大神に国譲りをしたときに縁を結ぶことを司るようになったことで、出雲大社が縁結びに効果があるといわれています。
a0240721_2336167.jpg
御仮殿の前にある銅鳥居です。四の鳥居で青銅製です。
a0240721_23371170.jpg
手水舎で清め、御仮殿、御本殿のある境内へ入ります。
平成の大遷宮に伴い、5月の本殿遷座祭までは大国主大神の御仮殿だったところです。
注連縄が立派です。
出雲大社での拝礼は「二拝、四拍手、一拝」で四拍手が特徴です。
また拍手をするときは右手を下に少しずらして拍手します。
a0240721_2341561.jpg
a0240721_23435794.jpga0240721_2344854.jpg
御本殿です。中には入れません。
八足門で拝礼します。
a0240721_2347441.jpg
境内から出て、神楽殿へ。
神楽や結婚式などが行われる場所です。
注連縄は長さ13.5m、胴回り8m、重さ4.4ton!!
この注連縄にお金を投げて刺さると良い事があるという情報がありますが、まったくの嘘。
実際にやっている人がいましたが、注意されていました。お金を投げてはいけません。逆に罰が当たります。
a0240721_2350054.jpg
a0240721_23502611.jpga0240721_23503769.jpg
a0240721_23532094.jpg
a0240721_2353527.jpga0240721_23541126.jpg
a0240721_23543431.jpg
また神楽殿の前には日本最大とも言われる国旗掲揚塔があり日章旗が掲揚されています。
国旗の大きさは畳75畳分、約50kgもあるそうです。
私たちが行ったときは風が吹いていませんでしたが、2m/sくらいの風速でなびくそうです。

島根県立古代出雲歴史博物館 【WEB
出雲大社の隣にある博物館です。
出雲大社の歴史、古代日本の人々の生活などの博物館です。
a0240721_23551389.jpg
まずは古代出雲大社の復元模型から。
全国の神々が集まると言われる出雲。出雲大社でも様々な行事が行われています。
周辺の神社でも神様が集まるとされているようです。
a0240721_23553666.jpg
a0240721_23554432.jpga0240721_23555161.jpg
とてもきれいな銅剣・銅鐸です。国宝に指定されています。
弥生時代中期から後期のものと思われ、一ヶ所から39個もの銅鐸が発見されたそうです。
a0240721_23564692.jpga0240721_23565733.jpg
a0240721_23571317.jpga0240721_23572252.jpg
また島根と言えばヤマタノオロチ伝説が残る場所でもあります。
a0240721_2358750.jpg
すごいぞ!歴史ロマンに溢れまくっています。
島根県がなかったら今の日本はなかったんじゃないかって思えました。

a0240721_23585259.jpg宿泊は出雲大社近くのビジネスホテル大社です。
早朝の出雲大社を参拝したかったので出雲大社近くでホテルを探していましたが、少ないうえに老舗旅館で値段が高い。料金を抑えて全国チェーンのビジネスホテルだと出雲市駅周辺じゃないとありませんでした。
ビジネスホテル大社は出雲大社正面鳥居の交差点から歩いてすぐ。コンビニも近くにあります。
施設は古いですが、洗面台と浴室は新しいものでした。トイレは古いです。
食事はおいしくて、量もあり満足です。


日付が変わり10月15日です。
朝6時前に起き、朝食時間まで朝の出雲大社を参拝しました。
けっこう冷え込むのかと思ったのですが、それほど寒くはありませんでした。
前日と打って変わって人が少なくとても静かです。
a0240721_23595279.jpg
a0240721_00563.jpga0240721_001427.jpg
a0240721_002928.jpga0240721_003870.jpg
a0240721_01295.jpg
a0240721_013190.jpga0240721_01422.jpg
a0240721_015336.jpg
a0240721_021264.jpg
a0240721_022937.jpga0240721_023731.jpg
上の写真で一の鳥居が写っています。出雲大社前駅近くにあり、一番新しくコンクリート製です。
出雲大社には4つ鳥居があり、四逢わせ(幸せ)と言われているらしいです。
出雲大社の建物にはハートマークが隠れています。訪れた際は探してみてください。

ホテルをチェックアウトし、出雲大社前駅へ向かいます。
出雲大社駅内のステンドグラスの光を浴びたカップルは必ず結ばれる!らしいです。
a0240721_012092.jpg

行きは特急でしたが、帰りは普通です。
平日朝だからといって都内のように本数はありません。
a0240721_0121989.jpga0240721_0122975.jpg
途中の川跡駅で市電出雲市駅行に乗り換え。一畑電車の車両はレトロですな。
a0240721_014033.jpga0240721_014987.jpg

出雲からレンタカーで世界遺産石見銀山へ。
次回は石見銀山です。





[PR]
by marco54312 | 2013-10-14 15:00 | Travel